設計監理業務の流れ
Life & Work  >  設計業務 > 設計監理業務の流れ


FLOW(設計監理の流れと設計監理料の考え方)

 設計監理料は工事請負金額(工事施工業者との最終契約金額)に対して10%を目安にしております。
 工事請負金額2000万円以下の場合は相談にて決定させていただきます。

STEP1    ヒアリング(無料)

直接お会いして、設計のご要望・イメージ、ご予算、敷地の情報などをお聞きします。                   
2〜3度、ヒアリングを行います。
敷地が決定している場合は拝見し、敷地探しからの場合はアドバイスさせて頂きます。

STEP2    プレゼンテーション(5万円 ※設計監理契約に至った場合は設計監理料に充当させて頂きます)

ヒアリングをさせて頂いたご要望を元に、図面とパースなどを用いたプレゼンテーションを行います。


STEP3    設計監理契約締結 1回目のお支払い(総設計監理料−5万円)/4

プレゼンテーションとそれまでのやり取りを通して、設計意図や方向性に共感して頂けましたら、設計監理契約を締結します。


STEP4    基本設計
約1〜2か月
プレゼンテーションを受けてからのご意見ご要望を伺い、提案を発展させ、内容を詰めていきます。


STEP5    実施設計及び見積提出 2回目のお支払い(総設計監理料−5万円)/4
約2〜3か月
基本設計をもとに更に細かい仕様などをお話しして、実施設計図を作成します。
完成した実施設計図をもとに工事施工業者に見積依頼を行います。


STEP6    見積調整及び工事契約 3回目のお支払い(総設計監理料−5万円)/4
約1〜2か月
出てきた見積書がご予算以内であれば、工事施工業者と工事契約を締結して頂きます。
予算オーバーしていた場合は、ご相談の上、設計や仕様の変更を行ったり、査定や交渉をして見積の減額を図ります。

STEP7    確認申請の提出
約1か月
施主の代理人として確認申請図面を作成し、提出します。申請にかかる費用(数万円)は、お客様の負担となります。

STEP8    工事監理
約5〜6か月
定期的に現場を確認し、工事が設計図書どおりに行われているか、不備がないか等チェックを行い、進行状況を報告します。
設計者検査・施主検査を行っい、不備があれば是正工事を行います。

STEP9    竣工・引き渡し 4回目のお支払い(総設計監理料−5万円)/4

是正工事を含めて全ての工事が終わりましたら、建物のお引き渡しと機器取扱説明、保証内容説明を行います。


STEP10 一年検査

お引き渡し後、1年経った頃に建物全体の検診を行います。
設計者と施工者がお伺いして検査し、不都合な点があれば修理を行います。
その他随時何かあれば、設計者、施行者で責任をもって対応させていただきます。


設計料について:
設計料を算出する「工事請負金額」には、建物本体の金額、工事に含まれる設備の費用(照明器具やエアコンなど)、外構費(庭の造成や門、塀など)が含まれます。
既存の建物の解体費や、お施主様がご自身で購入・取り付けまでされるもの(照明やエアコンを電気店で購入される場合)については含みません。


back